CHRONO MA:GIA (クロノマギア)

CHARACTERS

時を統べる神々の世界「時海」 この物語は--時海に浮かぶ神秘の世界クロノカルディアで起こる“マギアの能力者”の戦いの記録

  • 神道花梨 story
  • 天ゼータ story
  • エレナ・ブリリアント story
  • ライザー story
  • 如月ナイト
  • リーリア
  • 四季神葵
  • 神道ほのか
  • レオ・ブルームフィールド
  • ルルナ
  • サリー
  • マリウス・ファウスト
  • デュランダルフ
  • ガメイラ

快刀女子高生、神道カリン――。
神代の時代からツクヨミを信仰する、
“月詠ノ神楽守”の巫女。

12年前の月食の夜――。
黒き月の扉に吸い込まれて消えた、
父の姿を探し求めている。

ある時、噂で聞いた月の扉が開く条件。
“時を戻りたいと、強く願いし者”。
そしてカリンは、月食の夜に強く願った。

「時を戻り、12年前の父に会いたい――!」

開かれる、月の扉。カリンに迷いはなかった。

亡き母が残した神剣“十六夜”を手に、
そして揺るがぬ想いを胸に、
カリンはクロノカルディアの地に赴く――。

CLOSE

エゴデレお嬢様、エレナ。
ロシアの旧貴族家、ブリリアント一族の、
唯一の跡取りにして、遺児――。

引っ込み思案で感情の起伏のなかった少女は、
両親からプレゼントされた1匹のネコ、
ソーニャのおかげで、明るい性格を取り戻す。

「ソーニャは永遠の友達ですわ!」

そう誓った、あの日。
エレナが不在となっていたあの日に、
故郷、ベリョーザの街が一瞬で消失する。
跡形もなく消えたがために、情報は皆無。
現象の原因はわからぬまま、迷宮入りとなる。
そんな中、ベリョーザの遺児となった彼女は、
街に残されていた伝承をもとに、
黒い月に願ったのだ。

「わたくしをあの日に帰らせて――」。

CLOSE

天才考古学者、ゼータ。

幼き頃から“時間とは何か?”という
疑問に取り憑かれ、
考古学、古生物学、そして時間学を学ぶ。

他者を寄せ付けない排他的で粗野な性格だが、
何事にも熱く、夢中になりがちな、 少年のような心を持っている。

フィールドワークを中心に活動するゼータが、
最終的にたどり着いたのはオーパーツ、
“アンティキティラ島の機械”だった。
島に伝わる伝説や文献を独自に分析し、
この遺物が時の謎の鍵を握ると確信した彼は、
伝承に従って黒い月に願ったのである。

「俺をそっちの世界に連れて行け!!」

若き天才が、時間の謎に迫る。

CLOSE

咆哮の半獣人、ライザー。
人間の血と獣人の血を併せ持つ、
半人半獣の彼の歴史は、迫害とともにあった。

人とのハーフであることを理由に、
獣人族の国で苛烈な差別に遭ったライザーは、
獣人たちへの怨嗟を積もらせてゆく。
いつしか呪いは、迫害の原因となった両親、
そして自分自身に向けられるようになった。

「呪われた血を、消し去りたい!」

獣人の国を追われた彼は、人間族のエリアを
彷徨い歩き、ある伝説にたどり着く。
“時の番人が統べる国に行く方法がある”
伝説に従い、ライザーは月食の夜に吠えた。

「この血に決着を着けさせてくれ!!」

半獣人の旅が始まる――。

CLOSE